プロアクティブを使用する上で気をつける事!

プロアクティブを使用する上で気をつける事!

プロアクティブの洗顔料には、サリチル酸といって、ピーリングに使われるような成分が入っていて
これがニキビ改善に効果をもたらしています。
一方でこのサリチル酸は強い成分なので洗顔後は必ず保湿をすることが大切です。

 

よくネットの口コミでプロアクティブは乾燥するとかいうのはこのせいじゃないかと思います。
プロアクティブはスクラブ洗顔なので、そのせいもあって皮脂をしっかり取るので、
しっかり保湿をしないと乾燥しがちです。

 

 

プロアクティブには化粧水やクリームもセットになってるので、ラインで使う事を心がけましょう!
保湿が足りないな?と思ったら市販の保湿化粧水をつけてあげればいいと思います。
※現に私はそうしてました。 気になる方は一日おきの使用でも大丈夫かなと思います。

 

 

さらに、化粧水をつけるときは目元や口元は極力、避けた方がいいと思います。
拭き取り化粧水なので、皮膚が薄い個所は刺激になりがちですし。
この辺は市販の保湿化粧水を重ねづけしてあげるといいと思います。

 

背中に使う場合は特に気にしなくていいと思います。

 

 

プロアクティブの副作用

プロアクティブの保湿には、日中用クリームと、夜用クリームがありますので間違えないように気をつけましょう!
それぞれの効果としては

 

・日中用クリーム・・・ニキビを防ぐサリチル酸(皮膚の雑菌の繁殖を防ぐ効果)
・夜用クリーム・・・新陳代謝を高めるパンテノール成分(皮膚細胞を活性化、補修効果を高める)
           過酸化ベンゾイル(アクネ菌を殺菌してニキビを出来にくくする)

 

サリチル酸の副作用
・ヒリヒリ
皮脂を取りすぎたり、殺菌しすぎてヒリヒリを感じる場合があります。
刺激が強いなと思ったら、一日おきに使用するなどした方がいいと思います。

 

パンテノール成分の副作用
基本的にビタミンと同じ成分なので副作用はないようです。

 

過酸化ベンゾイルの副作用
・ヒリヒリ
・紫外線で皮膚が赤くなる

 

日中は肌が紫外線にさらされ過酸化ベンゾイルが入ったナイトクリームは皮膚が赤くなりますので
日中には必ず日中用クリームを使用しましょう!
さらに過酸化ベンゾールは脱色効果があるので衣類につかないように気をつけましょう!

 

 

プロアクティブ以外で気をつけること

背中にシャンプーやコンディショナーが残るとニキビの原因になるので、しっかりと洗い流しましょう!
とくに、身体を洗ってからリンスをするという人は要注意!
リンスが背中に残りやすくなるので

 

 

洗う順番は
@髪の毛(シャンプー、リンス)
A身体

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 実録体験レポート